FC2ブログ
あたたかい家庭は足元から
2018/12/13(Thu)

こたつとみかんが恋しい季節がやってまいりましたね。
足元があたたかくなると幸せな気持ちになっていきますよね!
(・・・その幸せにつられみかんをついつい食べ過ぎてしまうことも・・・)

この幸せをお家全体に広げられたらどんなに幸せだろうか?
そんな幸せを生み出したお家のお引渡しに同行させて頂きました!




寒い冬のお供といえばスリッパ!という方が沢山いらっしゃると思います。
お施主様のT様のご両親もぶ厚いスリッパを良く履いておられたそうです。

冬に足元が寒いとキッチンに立つのも億劫になってしまいますよね・・・

そこでその冷えを解消すべく「床暖房」を取り込みました。
 
業者様からご説明を受け早速スイッチオン!
スイッチオン

おっ?おぉっ?スイッチを入れて十分ほどで足裏にあたたかさを感じることが出来ました。

さらに十分後にはあたたかさは足元全体に広がっていき
そのあたたかさにつられて

じゃんこ


いつのまにか床に座りながらのお引き渡しとなりました!


足元があたたかいと心まであったまり、皆さん満面の笑みでした。


あたたかさ確認
当日、スリッパを用意していたT様のご両親も靴下ぬぎ、素足で、さらには素手であたたかさを確認しております!
ご両親も「こんなあったかくなるのならいいねえ」とご満足頂けた様子でした。



床暖房だけで足元があたたかい、まるでコタツが床に広がるような空間になっております・・・そしてT様邸にはもう一つあたたかさの秘密があります!



住宅のルールとして『換気』といものがあります。
新鮮な空気を部屋に取り込み、ハウスダストやヒーターの排ガスなどを吐き出し、新鮮な空気取り入れます。

しかしながら、外部の空気と入替えると言う事は

夏は暑い外気を 冬は寒い外気を部屋の中に取り込むということにもなります!

悪い空気を吐き出し、新鮮な空気を取り入れる為には外気の温度が入ってきてしまう・・・せっかくクーラーで冷やした空気、ヒーターであたためた空気が数時間後に戻ってしまう要因の一つはこの『換気』と言ってもいいでしょう。


そこで今回、その要因を解決する為に入れた仕掛けが『第一種換気』というものになります。


『第一種換気』は換気を全て機械にて制御いたします!

機械で換気するとどうなるのか?
結局冷たい空気を入れるのではないか?

そんな疑問があると思います。


そこで!この換気方法に、もう一つアクセントを加えることで部屋の温度をほぼ変えずに換気することが出来る事ができます!

第一種換気『熱交換型』!

『熱交換型』の概要としては、外気の温度を部屋の温度を混ぜ合せ、自動で温度調節して部屋に取り込む方法となります。
その方法により部屋全体に新鮮な空気と快適な温度が保たれ、夏は涼しく、冬はあたたかい
理想の空間を作り上げることが出来ます!




お引き渡しをした日は白い息が出るほど寒い日でした。




そんな寒い日に、お家の玄関から入り込むととまるでコタツに入ったようなあたたかい、しあわせな空間が広がっていきました。
足元も部屋全体もあたたかく、過ごしやすい環境となり、ご両親は曇り一つ無い満面の笑みでお引渡しが閉幕いたしました。


あたたかさは人を笑顔にすると心のメモに記録しておきます。


あたたかいお家は、足元から、身体を、心を、部屋を、お家を、そして家庭もあたたかくし人を笑顔に出来る。まさにコタツのようなお家でした。

ササキ



【施工前】
1施工前1モノクロ 169
【施工中】
2工事中1 169
【施工後】
3施工後1-1 169

【施工前】
モノクロ 169
【施工中】
2施工中 169
【施工後】
4施工後2-2 169

【施工後】お風呂
お風呂s

お風呂から眺められる素敵なお庭は変わらず、今も眺めることが出来ます。
この窓からの景色を残す ”ものづくりのココロ” が素晴らしいと感じました。

・・・いつかは私もこんなお風呂に入ってみたいなぁと思いました。

スポンサーサイト
この記事のURL | ★STAFFブログ(現場編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ